2006年01月22日

1月22日あるある大辞典でのカゼ対策。

1月22日のあるある大辞典Uでカゼ対策が取り上げら

れていましたね。


しかも、お・い・し・く。


カゼは4段階あり、それぞれ食べるといい食材を説明し

ていました。


カゼの段階は

 第一段階 くしゃみ、鼻水、鼻づまり

 第二段階 せき、たん、のど

 第三段階 だるい、関節の痛み

 第四段階 発熱

があり、


第一段階ではビタミンB6をとるとIgA抗体という

第一段階でウィルスと戦ってくれる抗体が増える

そうです。


そのためにいい食材は「鶏鍋」で特に緑黄色野菜

を入れるといい、また鮭鍋でも可、にんにくも

ビタミンB6が多く含まれているそうです。



第二段階ではNK細胞を増やすといいので、

キノコ鍋、生姜湯など


第三段階ではK細胞を増やすといいので、亜鉛が

多く含まれている


かき鍋(特にミソ仕立てでゆずをいれる)

なぜなら牡蠣にもミソにも亜鉛が多く含まれてい

ますし、柚子はビタミンPが含まれていて、ビタ

ミンPは関節の痛みを和らげてくれるそうです。



第四段階ではとくに食材は紹介されず、低温だと

ウィルスが活発に動くので体を温めることが大切

だと言っていました。(体を温めることでウィル

スと戦ってくれるB細胞がよく働くようにもなる

そうです。)



これからは私も風邪気味と思ったら鍋を食べよう

と思います(笑)。





ショッピングモールでチェックしてみます?

>> デザイナーズインテリア体験記トップページ >> 人気ブログランキングはこちら
posted by kakaro100 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12090206
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。